にゃおん、がけっぷちな日常

パワハラ受けて退職。無職のにゃおんです。 100均、業務スーパーが大好きです。 目標はプチリタイヤして、悠々な株主優待生活。新規取得を目指し、日々奮闘中です。

腸活

月桂冠 ほっと甘酒は大人の甘酒

エーコープでしか買えないお弁当、
かわすみ
であまりの美味しさに
かわすみのファンになった、にゃおんです。
どうせエーコープまで行くんだからと
お弁当コーナー以外も
いろいろと店内をチェックしてみました。

っと、にゃおんの甘酒心をくすぐる
月桂冠のほっと甘酒を発見です。
ついでに乳酸菌200億個入りって
腸活やっているにゃおんにとっては
もう飲め!と言わんばかりの
甘酒じゃないですか。
P_20190426_120529

飲んでみると、今まで飲んだ甘酒の中で
一番酒!っていうのを感じます。
さすが酒造メーカーの甘酒です。
大人が飲む甘酒ですね。
お酒に弱い人は
飲むとほろ酔いくらいにはなりそうな勢いです。

酒粕の濃さもいいんだけど
甘いだけでなく、コクもしっかりあります。
つぶつぶ感はありませんが
酒粕のざらざらとした感じは
飲み終わるまでずっと続きます。
甘酒特有のとろみと香りがあり
そうなんだよね、忘れてたけど
甘酒って酒だったんだよね、って感じです。

これ飲んじゃうと
森永甘酒缶、やっと買えたよ
あっさりしすぎるようになっちゃうかも。

イチビキ 菌のめぐみ 糀あま酒

キャンドゥならミルク甘酒が
2つで108円
飲んだときに
次は米麹のみの甘酒飲むんだって
決めていたにゃおんです。

ダイソーに行ったら
ちょうどレジ前に
イチビキの糀あま酒を売っていたので
買ってみることにしました。
P_20190227_131927

飲んでみると、さらさらな甘酒です。
にゃおんの求めている
粒々感がまったくありません。
あっさりしていて
甘酒にしては飲みやすいですね。
が、にゃおんはもっとこってりな甘酒が好きです。

でも味よりもすごいのは乳酸菌です。
1000億個ってハンパないですよ。
あのヤクルトだって200億個ですから。
腸活しているにゃおんには
ぴったりな甘酒ですよね。

キャンドゥならミルク甘酒が2つで108円

キャンドゥって
なんでこの商品が108円なの!って
驚きの商品が多数あるんだけど
今回も驚きの商品を見つけました。

森永のミルク甘酒です。
北海道限定だから
山梨県のにゃおんは
買うことができませんでした。
なのにも関わらず
キャンドゥで売っていました。
そ、し、て、驚くことに
2本で108円コーナーに置いてありました。
P_20190329_143750
買わないわけがないでしょう!

開封してみると、
森永甘酒缶、やっと買えたよ
変わらない酒粕の香りがしました。
飲んでみると、
米麹のふがふがした麩が
のどにごくごくキます。

ミルク、ってほど
ミルクの味は強くはないですが
ミルク甘酒の方が
酒粕の味が強くないので
酒粕が苦手な人向けかもしれないです。

が、森永の甘酒なので
それなりに甘さは強いです。
甘ったるい、ってなっちゃうかもしれないけど
にゃおん、甘酒は甘い、って
思っているので
このくらいの甘さならいい感じですね。

にゃおん、いろんな種類の甘酒飲んで
最近わかったことがあります。
米麹の麩入りの甘酒の方が
にゃおんの好みなんだってことに。
今度は米麹のみの
甘酒飲んでみよっと。

森永甘酒しょうがをダイソーで発見

ダイソーで売っている
甘酒といえば
大関甘酒はビンのまま、チンできるのがいい
だけだと思っていたけれど
お店によっては
森永の甘酒も取扱いしているんですね。

にゃおんがなかなか
見つけることができなかった
生姜入りの甘酒が
ダイソーで売っていました。
P_20190105_111445

飲んでみると、
森永の甘酒シリーズの中で
一番のにゃおんの好みです。
甘い味の中にも
ピリッとした生姜の刺激があります。
米麹のつぶつぶもしっかり味わえて
『そうよ、やっぱりこの味』って
なっちゃいます。

ダイソーだったから
普通に棚に並んでいて
常温で売っていたけど
チンしたりして
あったかい甘酒にして飲んたら
体がぽかぽかして
生姜効果をかなり実感できそうです。

森永、粉末タイプの豆乳を見つけたよ

寒い日が続くと
あったかい豆乳が美味しいですよね。

いつものことですが
にゃおん、好きなものがあっても
買い続けるのが
面倒になっちゃって
結果、気がつくと食べてない、ってことが多いです。
森永甘酒缶、やっと買えたよ
缶の甘酒も毎回買うの、面倒だなって。

そんなにゃおんにうってつけの
粉末タイプの豆乳が売っていました。
P_20190103_102722
10杯分だから
単純計算で10日分ですね。

早速、お湯に溶かしてみると、
おぉ、香りは甘酒そのものです。

お湯に溶けにくいので
しっかりとかき混ぜないと
底に固まりが残っちゃいます。
本当はしっかり溶かしたほうが
いいんだろうけれど
この固まりが
意外と美味しいんです。

味は本格的な甘酒というよりは、
万人向けの飲みやすい味です。
米粕のつぶつぶ感がないから
つぶつぶ感が好きな人には
味気ない甘酒になっちゃうかも。

森永甘酒缶、やっと買えたよ

森永 甘酒 乳酸菌プラス シールド乳酸菌
甘酒缶、全然買わなかったから、
いろんな種類があるなんて
にゃおん知りませんでした。
やっとオーソドックスの
甘酒缶を買うことができました。

P_20190101_154915
そうね、これよ、これ!
ファミマのあったかい飲み物のところにありました。

米麹のつぶつぶもしっかり残っていて
飲みながも食べている感覚がします。
甘酒ってあったかくして飲むのが
一番美味しいですね。
あったかくしたほうが甘みが強い感じがします。

甘酒缶って言えば森永、ってくらいの
昔からの親しみやすい味です。
酒臭さは全然感じないので
誰にでも飲みやすくなっています。
でも酒粕使っているので
アルコールに弱い人は
やっぱり顔が赤くなっちゃうのかしら?

大関甘酒はビンのまま、チンできるのがいい

ダイソーに行ったら
レジ前に
大関の甘酒が陳列されていました。
P_20190126_115949

最近甘酒にハマっている&
あまりの甘酒押しに
ついついっと、1本、
カゴに入れてしまった、にゃおんです。
P_20190105_111459
190gで108円です。
1本でも売っていましたが、
5本パックでも販売していました。

大関っていえば
『ワンカップ大関』ってイメージだったけど
甘酒も販売していたんですね。
酒造メーカーの甘酒なので
酒粕のみの甘酒になります。

珍しいビン入りの甘酒ですが
いいところは、
ふたを開ければ、ビンのまま
レンジでチンできるところですね。
1分くらい、レンジに入れてみると
あらっ不思議。
あったかい甘酒の完成です。

飲んでみると、トロリとした甘酒で
はちみつの甘さのコクがありますが
甘すぎず飲みやすいです。
生姜も入っているはずだけど
ほんのりと香る程度です。
クセのない味付けで
酒粕の甘酒としては
飲みやすい甘酒になっています。

森永 甘酒 乳酸菌プラス シールド乳酸菌

森永の甘酒、久しぶりで美味しかった
フリーズドライもいいけれど
やっぱりにゃおんの中では
森永の甘酒っていうと缶だよね。

缶の甘酒買ってきました。
っと、よくみると乳酸菌プラスな甘酒でした。 
P_20190103_102709
シールド乳酸菌とは森永で開発された乳酸菌みたいです。
腸活がんばっているにゃおんには
うってつけの甘酒ですね。

飲んでみると、普通の甘酒です。
乳酸菌入りなのに
酸味はあまり感じません。
つぶつぶ感もしっかり感じます。
濃厚なコクがある甘さなのに、
不思議なんだけど後味はさっぱりです。

これはこれで美味しかったけど
ささっ、次はオーソドックスな甘酒を
間違えずに買ってくるぞぉ。

業務スーパーなら、ごぼう茶198円(税別)

腸活がんばっている、にゃおんです。
いつも業務スーパーに行っていたけど
ごぼう茶売っているのには
全然気がつきませんでした。

20袋入りで198円(税別)です。
ドラッグストアやスーパーで買うより
破格の値段ですね。
P_20181230_145242

開封すると、パックは不織布かと思いきや
そうじゃない、メッシュタイプの
しっかりとした袋に入っています。
多少荒っぽく扱っても
破る心配がなさそうですね。
P_20181231_170148

ところで、ごぼう茶が
どうして腸活なのかといいますと
ごぼう茶といえば南雲先生ですよね。

ごぼう茶は食物繊維が豊富です。
食物繊維には
水溶性と不溶性があります。
水溶性のイヌリンは
体を温め、代謝を上げる効果があります。
余分な水分も排出してくれるので
むくみが取れて、すっきりします。
一方、不溶性は
水分を吸収して膨らみ、
便のカサを増やす効果があります。

食物繊維はこの2つを
バランス良く摂取しないといけません。
ごぼう茶のすごいところは、
水溶性と不溶性の両方が含まれていて、
バランス良く含有されているということです。

つまりごぼう茶飲んで
食物繊維を摂ることで
腸内環境の改善ができ
腸活になる、っていうことです。

飲んでみると、当たり前なんですが
味はごぼうそのものです。
香ばしいといえばいいのか。
土っぽいといえばいいのか。
美味しいって感じじゃないのは確かです。

多分、飲みなれるといいんじゃないですかね。
まずいわけじゃないんです。
ただ、なじみがない味なだけなんだと思います。

森永の甘酒、久しぶりで美味しかった

エクストラバージンオリーブオイルで腸活
まだまだ腸活は続きますよ。

今回は甘酒です。
甘酒が腸活?って感じですよね。
甘酒って、『飲む点滴』とも言われるほど
栄養価が高い食品です。

甘酒は2種類あって、
米麹で作る甘酒と、
酒麹で作る甘酒があります。

米麹の甘酒の効果は
①砂糖なし、甘味はブドウ糖
②生活習慣病の予防
③アンチエイジング効果

酒麹の甘酒の効果は
①食物繊維が豊富
②シミ、そばかすを防止
③疲労回復効果

うーん、どっちの効果も
にゃおんには欲しいです。
そんな欲張りにゃおんに持ってこいな
森永の甘酒は米麹、酒麹
両方の麹を使っているために
ダブルの効果が期待できるみたいです。

と、いうことで買ってきました
森永の甘酒です。
P_20190102_185958
今はフリーズドライなんですね、
にゃおん全然知りませんでした。

お湯で溶かしてみると、
甘酒のいい香りが漂ってきます。

飲んでみると、
缶の甘酒、そのものです。
麹のつぶつぶもしっかり残っていて
飲みながらも軽く食べている感じです。
アルコールの感じも薄くて、飲みやすいです。

久しぶりの甘酒でした。
昔から飲みなれている、
懐かしさを思い出しました。
次は缶にチャレンジしてみようかなっと。

エクストラバージンオリーブオイルで腸活

イソマルトオリゴ糖1kgが284円(税別)から
腸活始めたにゃおんです。
今回はさらなる腸活を!
ということで、オリーブオイルを買ってきました。
P_20181211_162156
オイルだから酸化しやすいので
フレッシュキープボトルなるタイプの
オリーブオイルを買ってきました。

フレッシュキープボトルとは
注いだ分だけ、内容が小さくなる二重構造で、
開封後も油から酸化を守ってくれるらいいです。
欲しい分だけ、ぴたっと注げるので
液ダレしにくいみたいですね。

オリーブオイルに含まれるオレイン酸は、
便秘解消に効果的になるそうです。
特に、エクストラバージンオリーブオイルは、
腸内の滑りをよくし、排便を促すそうです。
1日大さじ2、3杯程度を目安に
直接飲んでもいいそうです。

にゃおん、さすがに
オリーブオイル直飲みはできなかったので
食事に掛けて食べています。

腸活は毎日続けることが大切なので
飽き性にゃおん、
飽きずになんとかがんばります。

イソマルトオリゴ糖1kgが284円(税別)

にゃおん、ストレスから
胃&腸の調子があまりよくありません。
薬飲むのもちょっと違うしな、って思うので
腸内環境を整えようと
オリゴ糖を摂取しようと考えました。

スーパーには有名なオリゴのおかげが
売っているのは知っているけれど
オリゴのおかげって
ちょっぴり高いですよね。
にゃおん、そんなお高いオリゴ糖じゃなくて
とりあえずお試ししてみたいんですよね。

なので、あったらラッキーぐらいの気持ちで、
ダイソーで探してみました。
・・・見つかりませんでした。

うーん、あとはどこかなって、
あぁ、業務スーパーがありました。

うっふっふっ、業務スーパーにありました。
が、1kgかぁ。
でも284円(税別)だし、
とりあえずお試しで買ってみることにしてみました。

P_20181209_134125

BlogPaint
100gあたり37gってことは
イソマルトオリゴ糖100%ってことじゃないんですね。

ところで、イソマルトオリゴ糖って何でしょう?

にゃおんの先生、ウィキ先生によると
『まろやかな甘味を有し、水分保持力が高いために
 結晶析出防止や保湿に効果がある。
 また、砂糖と同固形分濃度で、
 水分活性が砂糖より低く加工食品の日持ち向上に効果があり、
 耐酸性、耐熱性にも優れている。
 以上の特性から、みりんや清涼飲料水、
 パン類に利用されている。
 プレバイオティクスの機能としては、
 ビフィズス菌、乳酸菌などに優先的に利用されることから、
 腸内菌の増加を助ける効果がある。
 また、虫歯菌の不溶性グルカンの合成を
 抑制する効果があるという報告がある
とのことです。

効果を得るためには早いと1週間、
長いと3週間くらいの期間が必要みたいです。
なので、オリゴ糖の効果を得るためには、
できるだけ毎日継続して
摂取することが重要になってきます。
その点、にゃおんは1kg買ったので
これでもか!ってくらい使い続けることができます。
って、1kg使い終わるのはどのくらいかかるんだろう?

記事検索
グーグル
ふるさと納税

にほんブログ村
株主優待ランキング
山梨県甲府市ランキング
楽天市場
書いてる人

山梨県甲府市在住の
にゃおんです。
株取引のみで
生活していけるよう
もっか勉強中です。
2018年の実績は
83万でした。
2019年の実績は
売買:67万円
優待:3.2万円
配当:10万円

グーグル
  • ライブドアブログ