にゃおん、がけっぷちな日常

100均、業務スーパー、ザビッグが大好きなにゃおんです。 目標はプチリタイヤして、悠々な株主優待生活。新規取得を目指し、日々奮闘中です。

社会保険

医療保険の入院給付金日額のこと

月にいくらあれば生活できる?
にゃおんは月10万の生活費で生活しようと
それに向けて実行しているところです。
今回にゃおんは医療保険について考えてみました。

にゃおん、医療保険は
月額2,000円で入院給付金日額が5,000円タイプのみだと思っていたけれど
個人年金保険の特約で医療保険の一日10,000円にも
加入していることを発見しました。

え?一日、15,000円?
こんなんいらないでしょ、ってことで
適正額はいくらくらいなのか
試算してみることにします。

まず入院したときに掛かる費用としては
①医療保険の対象となる医療費
②医療保険の対象外となる医療費
③差額ベッド代
④食事代
⑤入院生活中の日用品
⑥働けなくなった分の収入

①自己負担は医療費の3割ですが
 所得によって1ヶ月あたりの自己負担限度額があります。
 これを高額療養費制度といいます。
 にゃおんは④区分エで自己負担限度額は57,600円になります。
無題
 
②高度な医療技術を用いた治療を受けた場合
 費用を全額自己負担しなければならない場合があります。

③6人部屋などの一般病室の場合にベッド代は入院費に含まれます。
 治療上必要である場合や病院側の都合による場合は
 差額ベッド代の徴収はありませんが、
 個室を自ら希望した患者には、
 各病院が定めた差額ベッド代が徴収されます。 
 各部屋の平均差額ベッド代は
   1人室:7,828円
   2人室:3,108円
   3人室:2,863円
   4人室:2,414円
 1日平均額たど6,155円になります。

④食事代は全額自己負担です。
 にゃおんは一般で一食460円になります。
無題
 
⑤入院中にはパジャマやスリッパ、着替えや歯ブラシなど
 生活用品が必要です。
 もちろん、すべて自分で用意しなければなりません。

⑥入院中に仕事ができないため
 収入が少なくなったり、なくなったりしてしまいます。

総費用を計算してみると
自己負担費用は年齢や収入によって差がでてきますが
大体はこのくらいですね。
無題

とすると、にゃおんは入院給付金日額は10,000円でよさそうです。
今は15,000円なので、5,000円は過剰ですね。
そりゃ、10,000円より15,000円の方が安心だけど
にゃおん、月10万の生活費にするって決めたんだから
過剰な分はカットです。
保険会社に入院給付金日額を減らせるかどうか
問い合わせてみることにします。
 

パートの社会保険加入について

にゃおんはパートで働き始めました。
フルタイムパートだから
ありがたことに社会保険は加入してもらっています。
にゃおん、辞め癖ついているから
いつ仕事辞めちゃうかもしれません。
でもシフト制の会社なので、シフト減らしてもらいたら
細~く、長~く勤められるかも、って
もう弱気発言しています。
では、シフト減らした場合、社会保険はどうなってしまうのでしょか?

これまでは
①年収130万円以上
②1週間の所定労働時間及び1ヶ月の所定労働日数が(正社員の)4分の3以上
のどちらかを満たせば社会保険は加入できました。

2016年10月から社会保険の加入条件が変更したようです。
③週の労働時間が20時間以上
④賃金月額月8.8万円以上(年106万円以上)
⑤1年以上の継続勤務
⑥従業員501名以上の企業
⑦学生ではないこと
③~⑦の条件を全て満たした場合、社会保険に加入することができます。

単純計算で
月収88,000円(年収106万円)未満は加入できません。
月収88,000円(年収106万円)以上で
年収は130万以下だから以前の条件だと加入できません。
が、今は③~⑦の条件を満たすと加入できます。
つまりは、88,000円がラインになるみたいですね。

社会保険に加入できるメリットは
①自己負担額が減る
 厚生年金保険料と健康保険料は、労働者側と雇用者側が折半して支払います。
 社会保険に加入すれば、支払うべき保険料の半分を企業が負担してくれます。
②もらえる年金が増える
 厚生年金保険に加入すると、国民年金の基礎年金の額に、
 厚生年金の保険料に応じた金額を上乗せしてもらうことができます。
 そして加入期間が長い分だけ、将来上乗せされる年金の額も増えてきます。
③保障が手厚い
 傷病手当金や出産手当金や出産育児一時金などの保障があり
 賃金の3分の2程度の給付を受け取ることができます。
④障害保障が手厚い
 厚生年金保険の加入期間中に障害がある状態になった場合に
 賃金の3分の2程度の給付を受け取ることができます。
 万一亡くなった場合も
 遺族に遺族基礎年金のほかに遺族厚生年金が支給されます。

デメリットは
①手取りが減る
 健康保険や厚生年金の保険料を支払った後の手取りが
 社会保険に加入しない場合よりも減る場合があります。

配偶者の扶養に入っている20歳以上60未満の人で
1年間の収入が130万円未満の場合は
第3号被保険者として国民年金に加入できるため
保険料を自己負担する必要がありません。
なので社会保険に加入するメリットとデメリットを確認してから
働く時間を検討したほうがいいみたいですね。
でも、にゃおんは扶養家族になっていないので
社会保険に加入したほうがメリットが大きいです。

社会保険に加入できるギリギリのラインの
詳しい条件がわかったので
辞める前にシフト減らしてもらえるように交渉していこうっと。
そう、2年間は研修中で働かないといけないですからね。

書いてる人

山梨県甲府市在住の
にゃおんです。
株取引のみで
生活していけるよう
もっか勉強中です。
2018年の実績は
配当:18万
優待:12万
売買:46万
今年もあと3ヶ月、
ラストスパートですわぃ