にゃおん、がけっぷちな日常

100均、業務スーパー、ザビッグが大好きなにゃおんです。 目標はプチリタイヤして、悠々な株主優待生活。新規取得を目指し、日々奮闘中です。

カップ焼きそば・カップ麺

縦型 どん兵衛 きつねうどん

オギノで発見した縦型のどん兵衛です。
どん兵衛の縦型って自動販売機でした見たことなかったです。
普通にスーパーで販売していたんんですね。
オギノはCGCのプライベート商品を取り扱っていて
この縦型のどん兵衛はCGC限定みたいです。
P_20180512_190057

開封すると、
P_20180512_190650
自動販売機のどん兵衛みたいに
お湯を注ぐだけで完成するようになっています。

お湯を注いで、完成です。
P_20180512_190924
具沢山ですね。

味は当たり前なんだけど、通常型とほとんど変わらないです。
麺はどん兵衛お馴染みのもっちり麺です。
あげが通常型よりは小さいのですが
その分厚みがあり、たっぷりだしを吸って
ジュワ~っと甘みが出てきて、美味しいです。

通常型の内容量が96gに対して縦型は72gです。
いつものを食べなれていると、ちょっと物足りない量です。
でも縦型なので食べやすいですね。

日清 ソース焼きそば

にゃおんが日清のソース焼きそばを買う理由は一つ。
ずばり安さです。
いつ買っても税込みで100円以内で買える、
それが日清のソース焼きそばなんです。
P_20180514_180323

開封すると、粉末ソースとふりかけです。
P_20180514_180350
調味油はなし。
にゃおん、粉末ソースはダマになっちゃうから苦手なんですよね。

お湯を入れて、3分。湯切りして、粉末ソース混ぜて、ふりかけかけて、完成です。
P_20180514_181233
あぁぁぁ、やっぱりソースがダマになっちゃいましたよ。
願わくば、リニューアルして
いつか液体ソースになってくれないな。

マヨネーズもないし、純粋にソースとスパイスの味付けですが
食べてみると、ソースはちょっとさっぱりめな味付けで
子供から大人まで幅広く受け入れられるような
食べやすい味になっています。
U.F.O.を食べなれてる人からすると
味が薄いって思うかもしれないです。

かやくのきゃべつもそれなりに入っていることを考えると
100円以内で買えるカップ焼きそばとしては
文句なしじゃないんですかね。

マルちゃん 黒い豚カレーうどん

5月も中旬になるというのに
晴れれば暑い、曇れば肌寒い
そんな盆地気候の甲府です。

今日は天気が悪く、肌寒かったので
マルちゃんの黒い豚カレーうどんを買ってきました。
マルちゃん 青いちゃんぽんのときにも思ったけど
黒はカレーなんですね。
P_20180509_190320

開封すると、かやくと粉末スープです。
P_20180509_190336

お湯を入れて、完成です。
P_20180509_191102
具が思っていた以上にあり、ちょっと感激です。

辛みを抑えただし味なスープが
マルちゃんおなじみの太目の麺と相性バッチリです。
サラサラしてそうなんですが、カレーっぽいとろみのあるスープです。
粉末スープだからよくかき混ぜないと、下に粉が溜まってるんですよね。
スープを飲んでみて、とろみがないor薄味に感じるんだったら、
底で粉末が固まっている可能性大です。

ハヤシメシ デミグラス

ザビッグを徘徊していたら
何だがいい匂いがするって思って
匂いの先を確かめたら
ハヤシメシのデミグラスでした
カレーメシ ビーフかれーらいす
が美味しかったし
いっちょ買ってみますか。
P_20180503_101700
心配になるほど匂いがもれています。
P_20180503_101714
ハヤシメシだからカレーじゃないんですね。

開封するとフリーズドライのカレーとお米とかやくが入っています。
P_20180503_185940

お湯を入れると
P_20180503_190401
この泡立ちはホント大丈夫なんでしょうか?

泡立ちを心配しなから、かき混ぜること数十回、完成です。
P_20180503_190651
ホント不思議、混ぜていると、とろみが出でくるんですよね。
でも、混ぜまくってもカレーメシほどには
ルーにトロみはでないみたいです。
あと、ルーがなかなか溶けないですね。
ルーが下に溜まりやすいので、混ぜまくって溶かさないと。

食べてみると、デミグラスソースだからカレーよりまろやかですね。
ほのかに感じるトマトの酸味と
オニオンの甘味が濃厚デミグラスでクセになります。
大豆ビーフの肉なんだけど、ビーフのコクがしっかりとあり
普通のビーフだと勘違いしちゃうくらいです。
甘い味付けが好きなにゃおんは
カレーメシよりもハヤシメシのほうが好きですね。

そういえば、食べた後はしっかり歯を磨かないとダメですね。
デミグラスの残り香が口の中に残ってて
ふとした瞬間にお腹が空いてきます。

カレーメシ シーフードかれーらいす

カレーメシ ビーフかれーらいす
美味しかったから、シーフードかれーらいすも
美味しいだろうと、買ってきました。
P_20180503_101624

辛さは中くらいみたいです。
P_20180503_101648

カレーメシの忠告通り、混ぜれば混ぜるほど美味しいんです。
P_20180503_101655

P_20180510_180534
お湯を入れる前です。
で、お湯を入れると、泡立ちます。
P_20180510_180601
最初、泡立つって知らないと、ホントビビリます。

なんか食べたことあるような味だと思ってたら
シーフードヌードルに、カレーとご飯を入れた、
って感じの味に似ているんだと思いました。
具はシーフードヌードルと同じなのかな?

食べてみると、これで中くらい?ってくらいの辛さです。
甘口じゃない?って思います。
シーフードヌードルのように海鮮味がしっかり効いていて
なおかつカレーのスパイスも効いていて
まさにシーフードカレーです。
特にイカの風味が強いけど、生臭いとかそういったことではないです。

金ちゃん亭 生タイプ ぶっかけカレーうどん

金ちゃん亭 生タイプ ぶっかけ肉うどんは美味しかったけど
金ちゃん亭 生タイプ 焼うどんはちょいとビミョーだったんです。
カレーうどんはどっちなのか?
カレーうどんだけ食べていなかったので
どうせなら全制覇だ!とばかりに、ぶっかけカレーうどんを買ってきました。
P_20180429_140336

開封すると、液体ソースとふりかけです。
このふりかけ、にゃおんの好きな揚げ玉ですね。
P_20180430_175931

お湯を掛けて、2分。湯切りして、ソースを混ぜて、ふりかけ掛けて、完成です。
P_20180430_180838

思っていたより、だしの効いたカレーうどんです。
レトルトみたいにどろっとした感じではなく
さらさらな液体のソースで、具なしでした。
ぶっかけですから、つるつるっと完食できちゃいます。

具はふりかけに入っている揚げ玉とねぎです。
にゃおん、この揚げ玉が目当てだったから満足です。
この揚げ玉が最後残った汁を吸って、美味しいのなんのって。
ねぎは、ねぎあった?ってな気持ち程度なねぎです。

にゃおんの好みからすると
①ぶっかけ肉うどん
②ぶっかけ
③カレーうどん
④焼きうどん、ですね。

金ちゃん亭 生タイプ ぶっかけ肉うどん

金ちゃん亭 生タイプ ぶっかけうどんが美味しかったので
ぶっかけ肉うどんも美味しいはず!
ってことで、肉うどん買ってきました。
P_20180422_131621

開封すると、かやくとつゆです。
P_20180427_180139

かやくを入れて、お湯を入れて、つゆを入れて完成です。
P_20180427_180805
肉うどんにはカラフル揚げ玉はついていないみたいです。

あぁ、予想通りの美味しさです。
つゆはぶっかけに比べると甘いです。
甘く煮込んだ肉を入れました、的な味付けです。
にゃおん、甘い味付け好きだから、肉うどんのほうが好きですね。
肉は固めですが、うどんと一緒に食べてしまうと
つるつるっと飲み込んでしまい
あれ?今のお肉?みたいな感じになります。
ねぎはあるけど、食感はあまり感じません。
今まで最後の残った汁を揚げ玉で味わっていたので
揚げ玉ないと、なにかさみしい気がします。

味で選ぶならぶっかけ肉うどん、
食感で選ぶならぶっかけうどん、って感じですかね。

サッポロ一番 オタフクお好みソース味焼そば 

サッポロ一番 塩カルビ味焼そば
レモンの酸味をもう一度、と思って
ザビッグに行ってきたら
あら、まあ、売り切れていました。
変わりに同じサッポロ一番の
オタフクお好みソース味焼そばを買ってきました。
P_20180422_131638

山梨県のにゃおんにはあまりなじみがないけれど
地区によってはオタフクのソースがスタンダードなところがあるんでしょうね。

開封すると、液体ソースとふりかけとマヨネーズです。
P_20180425_190316

お湯を入れて、3分。ソースを混ぜて、ふりかけをかけ
マヨライナーして、完成です。
P_20180425_191104
マヨビームは一平ちゃんだけみたいですね。
サッポロ一番はマヨライナーみたいです。

麺はちょい太麺なので、ソースによく絡みます。
甘いコクのあるソースとマヨネーズがよく合います。
見た目の色に比べると、マヨネーズがある分、
まろやかにはなっています。
それでもそこそこは濃い味はしています。
甘いソース焼きそばが食べたくなったら
オタフクお好みソース味焼そばですね。

サッポロ一番 塩カルビ味焼そば

暑くなってくると、ソースの焼きそばもいいけど
塩系の焼きそばが食べたくなってきます。

今回はサッポロ一番の塩カルビ味焼そばを買ってきました。
P_20180422_131651

開封すると、粉末ソースと調味油です。
P_20180428_190132

お湯を入れて、3分。ソースと調味油を入れて完成です。
P_20180428_191235
粉末ソースだけだとダマになっちゃうのに
調味油入れると、ちょうど良くダマがなくなるんですよね。
混ぜていると、レモンのいい香りがめちゃします。

食べてみると、やっぱりレモンが結構効いています。
カルビと思われるこってりした旨み味もあり
ほんのりとにんにくの風味もあり、これで塩カルビってことなんですね。
他の塩焼きそばよりもレモンの酸味が強いから
これが好き嫌いが分かれそうな味ですね。
にゃおん、酸味嫌いじゃないから、好きな味です。

金ちゃん亭 生タイプ ぶっかけうどん

金ちゃん亭 生タイプ 焼うどん
焼きうどんとするならばイマイチな感じでしたが
生めんタイプなら
ぶっかけめんなら美味しいんじゃないかとの
にゃおんの予測によって
買ってきました
金ちゃん亭のぶっかけうどんです。
P_20180422_131629

開封すると、つゆとふりかけです。
P_20180426_180834

お湯で湯がいて、つゆを入れて、ふりかけ振って、完成です。
P_20180426_181433
カラフルな揚げ玉は金ちゃん亭のお約束なんですかね。

これは夏に食べたくなる感じですね。
思っていた通り
生めんタイプはもっちりで弾力があるので
ぶっかけが美味しいですね。
つゆはしょうゆベースのめんつゆです。
揚げ玉が残ったつゆを吸って、めちゃウマになります。

実はぶっかけうどんには、肉うどんもあるんですよね。
シンプルなぶっかけうどんが美味しかったから
肉うどんもきっと美味しいに間違いありません。
次は肉うどんにチャレンジです。

一平ちゃん 夜店の焼きそば

カップ焼きそば好きのにゃおんからしたら
一平ちゃんは二週間に一回は食べておきたいものです。
マニアによると、パッケージを見ただけで
いつぐらいに発売した一平ちゃんなのかわかってくるとか。
そういう意味ではにゃおん、マニアではないけど
一平ちゃんは大好きです。

P_20180413_130831

開封すると、ソースとふりかけとからしマヨネーズです。
P_20180418_190311

お湯を入れ、ソースを絡めて、ふりかけ振って。
マヨビーム注入です。
P_20180418_190736
早く食べたい気持ちで焦ってしまい、ソースがよく絡まっていませんでした。

からしマヨネーズのピリッとした味がいいアクセントで
濃い目のソースの味と見事にマッチングです。
シャキシャキのキャベツも美味しいです。

いろんな一平ちゃんの味は発売されますが
結局はオーソドックスなソース味に戻ってくるんですよね。
安くて美味しい一平ちゃんは、やっぱり止められないですよね

金ちゃん亭 生タイプ 焼うどん

生めんタイプの焼うどんとは
一体なんなんだろう?と
金ちゃん亭の生タイプ焼うどんを買ってきました。

P_20180422_131614

開封すると
P_20180423_180311
パックされたうどんが入っています。
麺が生めんってそういうことなのね。

お湯を入れて二分。ソースを絡めて、ふりかけ振って、完成です。
P_20180423_180906
ふりかけって、揚げ玉だったんですね。
カラフルな感じがいいですね。

麺はコシがあり、もっちり弾力が強いです。
ソースは酸味が利いています。
この味付けは好き嫌いが分かれそうな味ですね。
最後、揚げ玉がソースを吸って、めちゃ美味しくなります。

焼うどん、って思うと、なんかちょっと違うような。
一言で例えるなら、夏に食べたい
さっぱりタイプの味付けうどん、って感じですかね。

マルちゃん 昔ながらのソース焼きそば

ザビッグに行ったら、
カップ麺コーナーで人だかりができていました。
にゃおんもその人だかりに突入していったら
原因はマルちゃんの昔ながらのソース焼きそばでした。
セール&ワオンポイント付ってことで、人気だったみたいです。

一つは確保できたので、買ってきました。
P_20180415_140024

開封すると、かやくと液体ソースとふりかけです。
あれ?前は粉末ソースと液体ソースのダブルソースじゃなかったですっけ?
リニューアルしたのかな。
BlogPaint

お湯を入れて、ソースを混ぜて、ふりかけ振って、完成です。
P_20180421_191206

もちもちした食感のちぢれ麺で、ソースとの絡みがいいです。
ソースは甘めの味付けです。
U.F.O.や一平ちゃんのような際立った特徴はありませんが
いかにも定番の焼きそばを食べたな、っていう感じです。

別添でマヨネーズあったら最高、って思ったけど
昔は焼きそばにマヨネーズって当たり前じゃなかったです。
どっちかっていうと、マヨラーって言われる変わり食いでしたもん。
その当時は空揚げにマヨネーズ使うだけでも気味悪がられていました。
今じゃ考えられないですよね。

ペヨング 激辛

ザビッグに行ったら、ペヨングの激辛が
どどーんと、セール品売り場に置かれていました。
98円だったので、にゃおん買ってきました。

P_20180415_140034

開封すると、かやくとソースです。
P_20180420_190009

お湯を入れて、3分。ソースを入れて完成です。
P_20180420_191051
ソースを開封した瞬間から、ヤバイ辛さの感じはしていましたが
見た目もビミョーに赤いし、香りも目にびんびんくる辛さです。

食べてみると、うん、予想通り、辛いです。
辛いっていうか、痛いです。
舌が焼けそうです。
味なんてよくわからないです。
ひーびーになりながら食べました。

食べ終わって、すこししてから
食道から胃へこんな感じで移動するんです、って
ずーっとひりひりしている感じです。
にゃおん、辛いの平気なタイプだと思っていたけど
ペヨングの激辛は食べるのつらかったです。
ペヤングには、これよりも辛い、
もっともっと激辛MAXやきそばがあるんですよね。
にゃおん食べられそうにありません。

エースコック 塩焼そばモッチッチ ふわり鰹だし

前にエースコック モッチッチ 香るだし風味ソースを食べて
もっちもちで美味しかったので
今度は塩焼そばモッチッチのふわり鰹だしを買ってきました。
にゃおんからすると
プロパー価格で150円超えはそうとうな覚悟ですよ。

ってるそばから、正面の写真撮り忘れです。
なので写真はエースコックのサイトより。
無題
開封すると、ふりかけと調味たれです。
P_20180419_190127

お湯を入れて5分。
たれを絡ませ、ふりかけ振って、完成です。
P_20180419_190757
塩焼きそばってたれが透明だから、ちゃんと混ざっているのか
わかりづらいのがちょっと難点ですね。

食べてみると、最後のふりかけがいいだしになっていて美味しいです。
麺はカップ焼きそばとは思えないくらいにもっちもちです。
作った焼きそばって言われたら勘違いしそうなほどです。
具材の量は多くはありませんが
キャベツのしゃきっとした食感などはきちんとあります。

美味しいんですが、大食いのにゃおんでは、これでは足りないですね。
モッチッチにもうちょい容量が多いタイプができたらいいのにな。

カレーメシ ビーフかれーらいす

にゃおんはカップ焼きそば派だから
気にしていなかったけど
CM見て気になったから
カレーメシを買ってきてみました。

P_20180414_131450
あれ?昔はレンジでチンするやつじゃなかったでしたっけ?
今はレンジ禁止で、お湯で作るんですね。

開封すると
P_20180414_190256
フリーズドライのカレーとお米とかやくが入っています。

お湯を入れて、くるくるかき混ぜて、完成です。
P_20180414_190950

最初、お湯を入れた時に、
表面が白く泡立ったので
これ、ヤバイって思ったけど
くるくるとかき回してみると、泡も消え
すごい!カレーに変身してきました。

食べてみると、とても濃厚で、ハヤシライスみたいな甘口のカレーです。
隠し味にはココアが使われていてるそうです。
最初の白く泡立ったヤバイのを考えると
ちゃんとカレーライスしています。
「よく混ぜると無駄にウマイぜ!」と
カレーメシからのメッセージ通り
混ぜれば混ぜるほどに美味しくなるような気がします。

これは手軽だし、味も美味しいしで
カレーを食べたくなったら、リピートですね。
こんなに美味しいなら、もっと早くに食べてみれば良かったです。
よくよく考えてみると
お湯を入れるだけでカレーになるって、
結構革命的なことですよね。