にゃおん、がけっぷちな日常

職が続かないにゃおんです。失業保険受給後、最近パートで働き始めました。目標はプチリタイヤ。株主優待取得を目指し、日々奮闘中です。

心得

就業促進定着手当について

就業促進定着手当とは
再就職手当の支給を受けた人が
再就職先に6か月以上雇用され
かつ再就職先で6か月の間に支払われた賃金の1日分の額が
雇用保険の給付を受ける離職前の賃金の1日分の額に比べて低下している場合
給付を受けることが出来る手当です。

就業促進定着手当にも要件があしまして
次の要件をすべて満たしていないと給付を受けることができません。
①再就職手当の支給を受けていること
②再就職手当の支給を受けた再就職の日から、
同じ事業主に6か月以上、雇用保険の被保険者として 雇用されていること)
③ 所定の算出方法による再就職後6か月間の賃金の1日分の額が、
離職前の賃金日額を下回ること

無題

無題2

例として
 退職したA社の給料は月30万円(賃金日額は10,000円)
 基本手当は5,687円、再就職手当は給付率70%
 支給残日数は90日、暦日数は183日
 再就職したB社の給与額は月給20万円(6か月間で120万円)
とすると

①離職前と再就職の賃金との比較
 6カ月間の賃金合計(120万円)÷180=6,666円
 離職前の賃金日額>再就職の賃金日額
 10,000円>6,666円
 離職後の賃金が低いので、支給対象になります。

②就業促進手当の支給額を計算
 (離職前の賃金日額-再就職の賃金日額×賃金支払基礎日数
 (10,000円-6,666円)×183日=610,122円

③就業促進手当の上限額を計算
 基本手当日額×支給残日数 × 30%=上限金額
 5,687×90×30%=153,549
 ②と③を比較して値が小さい方が上限
 610,122円>153,549

結果として、153,549円が就業促進手当となります。
計算が複雑なんですが、ばらばらに計算していくとわかりやすいと思います。
あとわからなければハローワークに相談するのも一つの手ですね。

必用書類は
①雇用保険受給資格者証
②就業促進定着手当の支給申請書
③就職日から6か月間の出勤簿の写し
④就職日から6か月間の給与明細又は賃金台帳の写し

②は事業主の証明が必要です。
③と④は事業主から原本証明を受けたものであることが必要です。

再就職手当をもらわないと、就業促進定着手当は受給できないので
やっぱり早期就職って大切ですね。

再就職手当と失業保険 

にゃおんは早期就職を目指しているので、再就職手当を狙っています。
人それぞれの事情があることだし
失業保険を満額受給しても、それはそれでいいことだと思います。

無題
結局のところ、やっぱりお金が気になるじゃないですか。
じゃ、再就職手当と失業保険では、どちらが得なのでしょうか。
よく失業保険を最後まで受給してから就職しないと損だ、って思うかもしれませんが
実際は早めに就職して再就職手当をもらった方が得です。


基本手当は5,000円、給付期間は90日、支給残日数は30日
時給800円のフルタイムパート(月20日出勤)の会社に就職した場合を考えてみます。
①再就職手当を受け取った場合
5,000円×60日×70%=210,000円
さらに2ヶ月分の給料が入るので
800円×8時間×20日×2ヶ月=256,000円
合計で466,000円です。
②就職せずに2ヶ月間失業保険を受給した場合
5,000円×60日=300,000円です。
失業保険だけて考えると、②が多くもらっているので得と思いますが
働いているお給料の分がプラスされて
①と②の間では166,000円の差が出てきます。
つまりやっぱりは早く働いたほうがお得になるんですよね。

失業保険は就職活動でまでの支援金なものなので
断然、給料の方が金額が多くなってきます。
あとは働くことで、毎月給料が入ってくる&働いているという
安心感は何者にも変えがたいものです。
そして失業保険は必ず終わりがあるものなので
受給終了間際ってかなり気持ちが焦って精神的にきつくなってしまいます。
焦って就職してみたら、あれ?こんなはずじゃなかったのに、ってなるよりは
早め早めに行動して、しっかりと吟味した会社を選びたいですよね。

にゃおんの場合は精神的な部分を重要にしていたので
早期就職を目指しています。
でも金銭的に余裕があったり、疲れていてちょっとは休みたい、って思っているならば
失業保険を受給するのも正解だと考えます。
ようは自分がどうしたいか、ってことじゃないですか。
ゆっくりしてもいいし、すぐに就職してもいい。
失業して考える時間ができたんだから、したいことすればいいんです。
ただ早期就職すると再就職手当がもらえますよ、ってことは知っておいて損はないです。
その中で自分に一番得な方法を選んでいけばいいんじゃないですか。

公共施設の活用を

無職になると暇になるんですよね。
待機期間の七日間は待っているしかないし、
求人票検索しても良いのないと待機
良い求人あって応募しても、書類選考で待機
書類選考通れば、面接まで待機
面接通れば、採用連絡で待機
待機、待機、待機の連続です。
暇ってうれしいけど
今まで働いていたから時間をもてあましちゃいますよね。

家にいても、電気代は掛かるし
トイレに行けば水道代
お腹が空けば食費
そして不安になって気分は憂鬱。
そんなことにならないために
公共施設を活用しましょう。

ありがたいことに、にゃおんは
徒歩30分くらいのところに図書館がありました。
無職になると引きこもっていて、体力も衰えてしまうので
徒歩30分はちょうど良い運動になります。

今の図書館は本を読めるだけでなく
ネットも無料だし、雑誌も無料です。
DVDの利用もできるし。
にゃおんの行っている図書館は
平日なら午後8時まで、土日は午後7時まで開館しています。

いたれりつくせりです。
公共施設なんだから利用しない手はないですよね。

不安という名の魔物

派遣のお仕事紹介とは

派遣の担当者から派遣の紹介がくる

オーケーすると社内審査

通過すると顔合わせの調整

顔合わせ

可否の連絡

こんな感じで派遣が決まります。
だいだいこの周期が早いと一週間、遅くても二週間くらいです。
連絡待ち、この待っているのがとても精神的にツライんです。

もう悪いことしか考えないし
時間に余裕ができていいんだけれど
やっぱり不安でもんもんとしてしまいます。
でもね、この不安な気持ちって
この時だけのことじゃないって最近気がつきました。

無職だと、早く就職したい
働き始めたら、この会社でやっていけるか、人間関係はどうかしら
更新時期になれば、更新してくれるかしら
って、結局はずっと不安なんですよね。

不安な感情そのものを打ち消そうとしたり、意識的に感じないようにしても、
不安は本能からわいてきてしまうので、もう受け入れるしかないんですよね。
だから私はもうどうなってもいいや、って開き直っています。
だってなにしたって私の知らぬ存ぜぬところで物事は動いているし
私にはどうしようもないんです。

不安になったら寝ちゃえばいいんです。
起きてたって何も変わらないんだから、寝たっていいじゃないですか。
眠れない?
じゃストロングゼロの力を借りるしかないですね。
$RHZD50D

失業したらまずは三つのアクションを

失業、いやな言葉だけど
失業してしまったら仕方ないので次に進むしかありません。

にゃおんの場合は派遣社員で
『更新ありの契約だったが、更新されなかった場合』に退職理由がなり
特定理由離職者に該当しました。
特定理由離職者は給付制限はなく、給付日数優遇措置はありです

でも失業したらどうしたら?ってなると思います。
そこで失業したにゃおんが実際に行動した経緯を説明します。

①健康保険厚生年金資格喪失証明をもらう。
これが一番重要です。
証明書類がないと何も始まりません。
ですので、できるだけ派遣会社から早めにもらってください。
本当ならすぐに離職票が発行されてハローワークに雇用保険の手続きができるはずなのに
派遣社員だとまずは健康保険厚生年金資格喪失証明の発行になるようです。
派遣会社には、契約満了になってから1ヶ月以内に次の仕事を見つける、という義務があるからです。
派遣だとちょっと複雑ですね。

②市役所で国民健康保険に加入。
任意継続保険者や家族の扶養に入る場合もできますが
にゃおんは特定理由離職者になるため軽減が受けられるので国民健康保険に加入です。
失業したら保険証が使えなくなります。
『私病気しないから』とか思っていても、怪我や病気はいつ起こるかわかりません。
保険証がないと10割負担になってしまいます。
離職票があればその場ですぐに発行してくれます。
保険料は後日振込み用紙が郵送されてくるので
この時点では支払いはありませんのでお金の心配は不要です。

③社会保険事務所で国民年金の免除の申請。
国民年金の保険料は、平成30年3月までは月々16,490円です。
退職に伴う免除は手続きするだけでほぼ全額免除になります。
デメリットもあり、全額免除期間中は、
全額納めていた時の1/2しか納めていないことになります
つまり将来もらえる年金が減ります
でも未納(なにも手続きしないで、納めない)だと将来もらえるの年金額が0円になるので
免除申請はした方がいいと思います。

とりあえずこの三つのアクションをして
派遣会社から一ヶ月は仕事の紹介を受けつつ
次は会社から送られてくる離職票が届くのを待ちます。


月別アーカイブ