吉野家 豚丼(並)にもあったように
にゃおん、今回こそ
カウンターで一人牛丼決めるんだ、って
覚悟で吉野家に行きました。

扉をくぐり、いざカウンターへって思ったら
扉を開けた瞬間、響き渡る大声
『ここはさ、ラーメンないわけ?』
『え?ラーメンないの!なんでないの!』
カウンター席で高齢の女性が騒いでいました。

いやぁ、なんといいますか、その人にびびって
にゃおん、カウンターに行けませんでした。
またお持ち帰りの場所に突っ立ってしまいました。
あれ?ここって吉野家だよね?
吉野家でラーメン?
吉野家って牛丼屋だよね?
こんなディープなお客、初めて遭遇しました。

にゃおんがお持ち帰りを注文して待っている間にも
『肉?そんな脂っぽいもん食べれるわけないじゃん』
『じゃ、ご飯と味噌汁でいいや』
『いや、おかゆないの?おかゆ食べたいんだけど』
と、次々と大声で叫んでいます。
吉野家仕切りがないし、女の人の高い声って響くんですよね。
会話まる聞こえです。

お持ち帰りができたので、ささっと吉野家退店です。
牛丼(並)です。
優待の割引券300円を使って
ラインの50円オフクーポンがあったので
現金の使用は30円でした。
P_20180608_142432

にゃおん、深夜に行ったわけでもないのに
いろんなお客がいるんですね。
今度こそはカウンターって、
そんな些細なこと、なんかどうでもいいような気がしてきました。

すごいと感じたのは
そんなお客にも一生懸命に対応している店員さんです。
メニューを渡して、いやな顔せずにメニューを説明しています。
にゃおん、やれっていわれてもできる自信ないですもん。
店員さんすごいなぁ、感心しました。