調理師免許は2つの方法で取得できます。
①中学校卒業後2年以上給食施設、飲食店、魚介類販売業、
そう菜製造業等で調理の業務に従事することを受験資格とし
都道府県知事が行なう試験を受けて合格する方法。
②厚生労働大臣が指定する調理師養成施設を卒業する方法。
にゃおんは①で調理師免許を取りました。

にゃおんはスーパーの調理部門で働いていたことがあり
仕出しを毎日これでもか!ってほど作っていました。
そこで二年以上の調理経験があったため、実務経験と認められました。

調理師試験は
公衆衛生学、食品学、栄養学、食品衛生学、
調理理論、食文化概論の6つの試験科目があります。
合格の判定基準は
全科目の合計得点が満点の6割以上であることとされています。
が、平均点を大きく下回る科目が1つでもあった場合は不合格となってしまいます。
県によって受験料が異なりますが、山梨県の受験料は6,100円です。

気がつきました?
調理師免許って、経験があってからの、ペーパー試験なんですよ。
だから調理師免許持っているからって料理が上手なわけじゃないんです。
にゃおん、笹の飾り切りできないし、魚だって捌けないです。
調理師持っているからって料理の期待されるのが、結構多いんです。
料理の技能は調理技術技能評価試験とか、また違った資格になってきます。
にゃおん、料理は人並みです。
調理免許を生かして就職しようとは思っていないので、趣味程度の料理しかできないです。
まあ、でも、免許はないよりあった方がましってだけど
免許や資格は取って終わりじゃなくて、取ってからがスタートですから。