失業保険には早期に再就職が決まった際に
残りの給付日数に応じて手当てがもらえる再就職手当があります。
再就職が早く決まればそれだけ生活が安定しますし
失業保険を最後まで受給するよりも
精神的にはずっと落ち着くことができます。

再就職手当は条件が決められています。
全てを満たした場合に再就職手当の支給があります。
①就職日の前日までの失業保険の支給残日数が、所定給付日数の1/3以上あること
②1年を超えて勤務することが確実であると認められること
③待機満了日後の就職であること
④自己都合退職などで給付制限がある場合には、待機満了後の1ヶ月については、
ハローワークまたは許可・届け出のある職業紹介業者の紹介による就職であること
⑤退職前の雇用主に再び雇用されていないこと
⑥就職日前3年以内の就職について、再就職手当または常用就職支度手当の支給を受けていないこと
⑦受給資格決定(求職申込み)前から採用が内定していた事業主に雇用されていないこと
⑧原則、雇用保険の被保険者要件を満たす条件での雇用であること

①と③と④を図解すると
無題2
条件いろいろあるけれど
ハローワークで確認すると該当するか調べてくれるので
職業相談窓口で聞いたほうが確実です。

再就職手当の額は
無題5

つまりは、早期に就職すると再就職手当の金額がアップします。
無題6

にゃおんは早期就職を狙っているので
再就職手当を断然希望しています。