にゃおん、前々から
ドイツ産のチョコレートが
美味しいって聞いてたので
買いたいなって、思っていたけど
なかなか店頭で見つけることができませんでした。
売れているらしいから
欠品してるのかな、ぐらいの気持ちでいました。

っと、そしたら
レジで並んでいるときに
ふっと横を見たら、なんと
レジ前に置いてあるじゃないですか!
きみ、こんなところに陳列されていたのね。
そりゃ、チョコ売り場探しても
見つからないはずですわ。

ということで、やっと見つけることができた
ドイツ産のビターチョコレートです。
P_20190614_141622

100gで117円(税別)でした。

ただの板チョコだろうと
にゃおん、なめてかかっていました。
切れ目は入ってはいるけれど
分厚くて、なかなか割れないんです。
力をこめて、手で挟んでいる間に
手の熱でチョコが溶けて
手がチョコまみれになっちゃいます。
P_20190725_154626

よし!割れないなら、かぶりつこう!
って、考えて、前歯でかぶりつけば
かなりの厚さ&固さなので
歯がやられちゃう勢いです。

え?
これ、みんなどうやって食べているの?
にゃおん、不思議で仕方がないや。

そうこうして、いじくっていると
にゃおんの熱さで
チョコがやわらかくなって
なんとか折れるようになりました。

口に入れてみると
ねっとりとしていて、濃厚です。
カカオ分が48%ってことは
そこそこなカカオな量です。
ビターなチョコなはずなのに
結構な甘さがあります。
ビターチョコでこんなに甘いなら
ミルクチョコはもっと甘いんでしょう。

明治や森永の板チョコは50gらしく
業務スーパーのチョコの
半分の量しかないんですよね。
めちゃ分厚いので
この厚さのチョコに慣れてしまうと
明治や森永の板チョコだと
物足りなくなる感じがします。