2019年やりたいことリスト
37、月1冊は本を読む。
5月の本です。

拓未司著『恋の病は食前に』です。
P_20190411_151832
恋&食欲
いまのにゃおんにはぴったりの一冊です。

にゃおん、この作者の拓未司氏は
『このミステリーがすごい!』で
大賞に輝いた『禁断のパンダ』で初めて読みました。
今回の『恋の病は食前に』は
ビストロ・コウタシリーズな一冊かと思いきや
全然関係ない一冊でした。

読んで見ると、料理評論家の男性を
中心に展開される
お料理とコメディーと恋愛が詰まった
B級グルメの話、5話の短編集です。

料理評論家がクセが強すぎるので
人を選ぶ一冊になりそうです。
読んでいてむかつくとこが
いっぱいあるから
料理評論家の
高圧的で偉そうな態度を
恋に不器用な勘違い男、って
いい意味で捉えて
読み進めていかないと
なかなか楽しめない感じです。
にゃおんはもちろん
楽しめて読めた派です。

拓未司氏は
元フレンチシェフという、
ちょっと変わった経歴の作家さんなので
料理の描写がハンパないです。
お腹空いてるときに読んじゃだめです。
めちゃお腹が空いてきちゃいます。