にゃおん、がけっぷちな日常

職が続かないにゃおんです。失業保険受給後、最近パートで働き始めました。目標はプチリタイヤ。株主優待取得を目指し、日々奮闘中です。

国民健康保険料の減免

無題
にゃおんの住んでいる甲府市では
平成22年度から倒産、解雇、雇い止めなどにより職を失った方の
国民健康保険料が軽減されることになりました。

対象となる人は
①平成21年3月31日以降に離職した
②離職時点で65歳未満
③倒産・解雇などにより離職された方(特定受給資格者)や
 雇い止めなどにより離職された方(特定理由離職者)であり
 雇用保険受給資格者証が交付されている
すべて満たす方が対象になります。
特定受給資格者や特定理由離職者であるかは
雇用保険受給資格者証」の離職理由コードで確認します。
特定受給資格者の理由コード:11・12・21・22・31・32
特定理由離職者の理由コード:23・33・34

軽減内容は
前年の給与所得を30/100とみなして保険料算定をおこないます。
期間は離職日の翌日から翌年度末まで。
国民健康保険に加入中は、就職して失業状態を脱しても期間中の軽減は継続します。
ただし、会社の健康保険に加入するなど国民健康保険資格喪失しますと、軽減も終了します。

にゃおんは特定理由離職者の理由コード:23に該当するので
軽減対象者になります。
持ち物は
①印かん(朱肉を使用するもの)
雇用保険受給資格者証(ハローワークで発行)
国民健康保険被保険者証
④マイナンバー(個人番号)が分かるもの
⑤届出人の顔写真つきの身分証明書

受付で雇用保険受給資格者証を見せたら
所員さんがコピーを取ってくれて
手続きはあっという間に終わりました。
その後、しばし待機、
簡素の計算でこのぐらいになります、との予想の保険料を教えてもらいます。
正確な保険料算定は後日に行われるため
振込み用紙も後日郵送されるとのことです。

にゃおんは三月末までの5.6万くらいが1.8万くらいになるとのこと。
うわぁ、無職には涙出ちゃいますわ。

早期就職支援 一回目

予約した早期就職支援の日になりました。

無題

一回目の今日は、ナビゲーターさんに
①いままでの職歴や取得している資格のことを自己紹介
②希望する職種を相談
③今の求職状況を話したり
ずっとしゃべりっぱなしでした。

①今までにゃおんは職をころころ変えてきているので
短いと一年、長くても五年くらいしか働いていませんでした。
ナビゲーターさんに隠しても仕方がないので、はずかしいけどしっかりと話ました。
にゃおんの良いところはその時勤めていた職場で
取得できる資格や技能をしっかりと取ってきたので、そこのところだけは褒められました。

②職を転々としているにゃおんは器用貧乏というやつで
どの職種でもそこそこの結果を出せるので、次の職種というのが選びきれませんでした。
そこで①の職歴や資格から、ナビゲーターさんがオススメする求人票を印刷してくれて
あれじゃない、これじゃないといろいろと提案してくれました。

③そうはいっても今の求職状況はこんな感じで
一般事務の求人はあることはあるけど倍率高いですよ。
資格を生かして就職したらどうですか?みたいな話をしてくれました。

なんだかんだであっという間に予約の一時間が過ぎ
次回の宿題として
①就職する職種を定める。
 メモでも何でも良いから取り合えず紙に書き出してみる。
②今時点で履歴書と職務経歴書を書いておく。

初回認定日に次の予約を取りました。
そうすると一日で二回の活動ができるので楽です。
早期就職支援、すごいですね。
就活で悩んでいる人は受けたほうがいいですよ。
一人で悩んでも何も解決はしないし
何より会話できるのがうれしいです。
ちょっとでもある不安を相談することで心の持ちようが変わってきます。

月別アーカイブ