にゃおん、がけっぷちな日常

100均、業務スーパー、ザビッグが大好きなにゃおんです。 目標はプチリタイヤして、悠々な株主優待生活。新規取得を目指し、日々奮闘中です。



早期就職支援 三回目

早期就職支援の三回目になりました。

無題

前回の宿題と課題です。
①訂正した履歴書と職務経歴書のチェック
②応募する企業を決定し、今回は一件応募する。

①訂正も無事に終わり、履歴書と職務経歴書も
ナビゲーターさんからオーケーをいただきました。
やったね。 

②そしてとうとう企業への応募です。
どの会社に応募するかをナビゲーターさんに相談します。
時給、勤務先の住所、福利厚生などもろもろの希望を伝えます。
すると、ナビゲーターさんが今出でいる求人票をチェック、
求人票がない場合は過去の求人票をチェック&
企業に問い合わせて求人の有無を確認してくれました。
その後、数社の求人票を印刷してくれました。
印刷した求人票を見ながら
ここは時給がどうの、これは社会保険がどうの、など相談しつつ
やっと一社応募することにしました。
ナビゲーターさんが電話をしてくれて、面接日が決定しました。
書類選考はなく、すぐに面接になりました。
そして、紹介状を印刷してもらいました。

今回の応募ですごいと思ったのは
求人票が出ていない企業にも
ささっとナビゲーターさんが電話問い合わせしてくれたところです。
求人票を自分で検索→相談窓口へ、だと
出ている求人しかチェックできないんですよね。
一人で就活上手くいっていない人は早期就職支援受けたほうがいいですよ。
相談者のためにナビゲーターさんが動いてくれるので、スピードが全然違います。
プラス、ナビゲーターさんの知識も加わり、格段に就職活動がスムーズに進みます。
早期就職支援は失業者にやさしい無料な支援です。
困っている人は問い合わせだけでもしてみたらいいと思います。

あっという間に予約の一時間が過ぎ、今回は宿題なしでした。
次回の課題として
①模擬面接、ということになりました。

面接か、緊張します。
そういえばにゃおんは今回すぐに面接になったけど
郵送の場合は応募マニュアルがハローワークにはありますから、
知らない人は相談窓口でもらったほうがいいですよ。

登録販売者について

にゃおんは資格マニアちっくだから登録販売者のこと知っているけれど
ほとんどの人は、登録販売者?ってなると思います。
そこでちょこっと登録販売者の説明を。

登録販売者とは、ドラッグストアやコンビニで薬を販売する医薬品販売専門資格です。
医薬品を販売できるのは、以前は国家資格である薬剤師だけでした。
しかし、改正薬事法により、薬剤師だけに認められていた一般用医薬品の販売資格を、
第二類・三類に限り登録販売者にも認めました。
登録販売者は薬剤師と違い、
処方箋に基づく薬の調合と第1類医薬品の販売はできません。
しかし、ドラッグストアやコンビニで扱う医薬品の多くは
第2類・第3類医薬品であるため
登録販売者が販売できる医薬品の範囲は非常に広いと言えます。
無題1

登録販売者になるためには、都道府県の実施する試験に合格し、
資格取得者として登録をする必要があります。
昔は受験資格として事務経験が必要でしたが、平成27年度以降の受験資格がなくなりました。
その代わり資格に合格した後、実務経験が必要になりました。
実務経験がない場合は、薬剤師又は登録販売者の管理及び指導の下で
登録販売者(研修中)として第二類・三類の販売が可能となります。
ただし、正登録販売者(第二類・三類店舗管理者)になるためには、
合格後、過去5年のうち2年間の実務経験が必要となります。


にゃおんは資格に合格しただけなので
登録販売者(研修中)となります。
この『薬剤師又は登録販売者の管理及び指導の下』がミソで
つまりは二年間の実務経験がないと一人では販売ができないのです。
なので研修中の二年間は見習い同然で
時給も正登録販売者に比べ安くなっているのが当たり前な状態です。
それに企業の求める登録販売者とは、一人で販売できる正登録販売者であって
研修中の登録販売者は募集していない企業も多いのです。

だけどにゃおんは決心しました。
研修中だって募集している企業はあるんです。
たとえ研修中で時給が安くなろうとも
登録販売者の資格を生かして就職活動を開始すると。
為せば成る、為さねば成らぬ何事も。
二年間です。
二年間がんばれば時給は確実に上がります。
で、がんばってダメだったらまた就職活動したらいいんですもんね。
それににゃおん転職いっぱいあるから
いまさら一社や二社増えたところでどうでもないや。

ふるさと納税

にほんブログ村
株主優待ランキング
山梨県甲府市ランキング
楽天市場
楽天トラベル
書いてる人

山梨県甲府市在住の
にゃおんです。
株取引のみで
生活していけるよう
もっか勉強中です。
2018年の実績は
配当:19万
優待:13万
売買:37万
10月はアクトコールの
損切が痛かった

  • ライブドアブログ