にゃおん、がけっぷちな日常

パートで働き始めました。プチリタイヤを目標に、ただ今時短勤務交渉中です。株主優待取得を目指し、日々奮闘中です。

雇用保険説明会へ参加

雇用保険説明会の日になりました。
持ち物は
①受給資格者のしおり
P_20180224_200605
②筆記用具

会場に入ると受付をして、そこでやっと雇用保険受給資格証明書を渡されます。
にゃおんは離職理由23、給付制限なし、給付日数150日と予想通りでした。

受給説明会は大きくは二つに分かれていて
①失業保険受給のための説明DVDの鑑賞
②失業認定申告書の書き方講座
時間にして二時間くらいでした。

①失業保険を受給するために、失業認定日にハローワークに行くこと。
 前回の認定日から前日までに2回の求職活動が必要なこと。
 求職活動とはどういったことを意味するのか、など
 わかりやすいDVDの鑑賞です。

②失業認定申告書を実際に記入しながら、記入方法のあれやこれを教えてくれます。
 不正受給について説明もありました。
 不正受給は
 ・行なっていない求職活動を申告した
 ・仕事をしたのに申告しなかった
 ・自営業を申告しなかった
 ・職や手伝いを申告しなかった
 など、失業認定申告書に虚偽の記載をして失業保険を受給することです。
 絶対にバレます、とハローワークは力いっぱい言っていました。
 失業保険を受給していても働いたらしっかり申告すればいいんだそうです。
 自分でわからないことはハローワークに聞けばいいだけなので
 わからないことはそのままにせずしっかりと確認をしましょう。
 ちなみに不正受給が発覚すると
 不正があった日から失業保険は停止され、さらに全額返金しなければなりません。
 悪質な場合は合計3倍の納付命令の可能性もあるそうです。

受給説明会が終われば、次は初回認定日です。
求職実績は職業講習会に参加したからクリアーしています。
にゃおんはその間に早期就職支援の受講と
市役所で国民健康保険の軽減の申し込みに行かねばなりません。
さっさと手続きして、早期就職がんばるぞ。

ニートとは

コンビニで友人に会いました。
『久しぶり』から始まっての近況報告。
『実はさにゃおん失業保険を受給中で』みたいな話をしたら
『ニートなんていい身分じゃん』って言われて、ちょっとショックです。
にゃおんは求職中であって、ニートじゃない、はず。
って思ったらニートってなに?って考えました。

wikipediaによると
ニートとは、Not in Education, Employment or Training, NEETの略で
非労働力人口のうち、15から34歳の未婚で
就学・就労・職業訓練のいずれも行っていないことを意味する用語です。

って、にゃおん、年齢的にはニートじゃないじゃん。
ニートと似たような言葉でフリーター、無職。
言葉の意味を調べてみました。

フリーターとは正社員・正職員以外の就労形態
(契約社員・契約職員・派遣社員・ アルバイト・パートタイマーなどの非正規雇用)で
生計を立てている人を指す言葉だそうです。
学生は含まれず、年齢15歳から34歳の若者が対象です。

無職とは定まった職に就いていない人のことです。
ニートや失業者のみならず
退職して仕事をせずに年金暮らしのお年寄りも含め、働いていない人全般を指します。
無職の人でも、ハローワークに登録し職探しをしている最中の人については失業者と呼びます。
ただし、学生や浪人生、主婦など、
他にはっきりとした目的を持って仕事に就かない人は無職とは言いません。

つまりにゃおんの今の立場は失業者ということになるみたいです。
まっ、言い方なんてどうでもいいっか。
世間からしてみたらニーとも無職もそんな変わらないらしいし。

にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 甲府情報へ
にほんブログ村
  • ライブドアブログ